障害児訪問保育アニー 利用希望者説明会



障害児向け

自宅でのマンツーマン保育
あなたの第二の家族です
 障害児訪問保育アニー 

障害児訪問保育アニー利用希望者説明会

利用希望者説明会では、障害児訪問保育アニーのご利用までの流れや保育について詳しくご説明いたします。
医療的なケアや障害、慢性疾患などが理由で、お子さんが保育園に入れず、お仕事を諦めていた親御さんはぜひご相談ください。
日程
6月23日(金):19時~20時
6月24日(土):11時~12時
障害児訪問保育アニーのご利用までの流れや保育について詳しくご説明いたします。
まずは説明会にご参加ください。

障害児訪問保育アニーについて

障害児訪問保育アニーは保育スタッフが障害のあるお子さんのお宅に伺い、マンツーマンで保育をします。慣れ親しんだ環境で個別に対応が必要なお子さんそれぞれに合った保育と訪問看護サービスが受けられます。保育中は家の中での遊びやお散歩のほか、療育施設への送迎や地域の保育園と連携し、子ども同士の交流によってコミュニケーションによる発達を促します。

【利用可能時間】月曜日~金曜日/8:00~18:00(最長8時間)
【スタッフ構成】保育スタッフ・保育スーパーバイザー・看護師

対象のお子さん

展開地域

東京都千代田区・港区・新宿区・台東区・品川区・渋谷区・杉並区・豊島区・北区・板橋区・練馬区・文京区・中野区・目黒区・江東区・中央区
対象となるお子さん

  • 主に1歳から未就学児まで(0歳児は要相談)
  • 主に中重度の肢体不自由児、知的障害児、重症心身障害児等
  • 経管栄養・経鼻栄養・胃ろう・腸ろうを必要とする障害児
  • 疾病等で保育園に入れないお子さん
  • 面談において預かりが可能と判断された障害児
※現段階では、気管切開・人工呼吸器使用のお子さん、及び呼吸器系・神経系にて呼吸状態が不安定なお子さんについては対応できかねます。

利用希望者説明会

日程
  • 6月23日(金):19時~20時
  • 6月24日(土):11時~12時
  • 8月25日(金)※予定
場所
NPO法人フローレンスオフィス3F
アクセスはこちら
説明会内容
障害児訪問保育アニーの制度、アニーの保育体制、アニーの1日の紹介動画、スタッフの研修制度、利用の流れ、等詳しくご説明いたします。

説明会参加者の声

  • 一日の流れや実際に利用するにあたっての詳細がわかり参加して良かったです。
  • 今回の説明会で、今後の目指すもの、スケジュールが明確になりました。
  • 分かりやすいご説明ありがとうございました。愛情をもって接してくれているのがよくわかりました。
  • 短い時間でよく分かりました。資料もまとまっていて分かりやすかったです。
※ご都合が合わず、説明会へのご参加が難しい方へ※
下記フォームよりお問合わせください。個別にご連絡を差し上げます。

障害児訪問保育アニーの1日

朝の引き継ぎ

朝は保育スタッフがご自宅にお伺いします。前日の夜や目覚めてからの様子などを伺って、一日の流れや帰宅時間など、その日の予定、ごはんやおむつなど、お子さんに必要なものを確認し、保育をスタートします。

あそび

ご自宅のお部屋ではおもちゃや絵本で遊ぶのはもちろん、色々な素材に触れさせたり、関節がかたくならないように触れあい遊びなど、その子に寄り添った遊びをしてお子さんの発達を促します。

外出

ご希望があれば、普段通っている療育センターなどにも連れて行きます。慣れてきたら連携園に交流保育や季節を感じるお散歩など、子ども同士のコミュニケーションの機会や外気に触れる時間を設けます。

訪問看護

提携訪問看護ステーションから看護師が訪問してお子さんの健康状態を確認します。※訪問看護ステーション・ジャンヌとの契約が必要です。

ごはん

親御さんにご準備いただいたお食事を、保育スタッフが普段の生活と同じように介助します。医師から処方されたお薬の投薬も可能です。保育記録に食べた量などをすべて記入します。

1日の終わり

「おかえりなさい!」とお子さんと保育スタッフでお迎えします。お子さんの様子、遊んだ事などの保育内容を親御さんに報告しまた明日も元気に遊ぼうね!とごあいさつして一日終了となります。

訪問看護

提携訪問看護ステーションから看護師が訪問してお子さんの健康状態を確認します。※訪問看護ステーション・ジャンヌとの契約が必要です。

アニーのスタッフ

林 千恵

障害児訪問保育アニー 保育スーパーバイザー
(前職:保育園勤務)

アニーの保育スタッフが子どもの目線に立ち柔軟な考え・工夫ができるよう、保育スーパーバイザーとして1人1人働くスタッフをサポートしています。
親御さんの意志を尊重し、時には寄り添い見守り、一緒にお子さんの成長を喜びあえる存在になりたいと思っています。

伏田 律子

障害児訪問保育アニー 保育スタッフ
(前職:保育園・乳児院)

私には中学生の娘がいて、子育ての記憶は遠い昔なので、男の子の担任になった時には息子ができたみたいでした。とってもかわいいです。でも、かわいいだけではなくて「預かる」という責任もあります。特別な研修を受け、看護師に実技もチェックしてもらったので今は自信をもって保育やケアができます。

中村 昌美

障害児訪問保育アニー 保育スタッフ
(前職:介護施設)
前職は高齢者施設で介護の仕事をしていました。
日々の保育の中で、好きな遊びや好きな感覚を探しながら、お子さんの興味を引き出せるようにしています。

里中 宏美

障害児訪問保育アニー 看護師
(前職:小児内科病棟)
アニーの訪問看護ははその日に具合が悪ければ駆けつけたり、心配事があれば長時間居て様子を診たり、1人ひとりに合わせた看護を行っています。お子さん1人に週1~3回の訪問看護をするので、非常に手厚い体制で日々の保育を支えています。

里中 宏美

障害児訪問保育アニー 看護師
(前職:小児内科病棟)
アニーの訪問看護ははその日に具合が悪ければ駆けつけたり、心配事があれば長時間居て様子を診たり、1人ひとりに合わせた看護を行っています。お子さん1人に週1~3回の訪問看護をするので、非常に手厚い体制で日々の保育を支えています。

ご利用の流れ

  • 利用希望者説明会
    本サイトよりお申込みください。お申込みと同時にお子さんの疾患等の情報をフォームよりご入力いただきます。
  • ヒアリング
    お問い合わせ内容を確認後、事務局からご連絡いたします。 お子さんの詳しい症状などを伺うほか、保育環境を確認するため、 ご自宅に伺います。
  • 自治体への問い合わせ
    障害児訪問保育アニーは子ども・子育て支援新制度に基づく、地域訪問型保育事業「居宅訪問型保育」です。 窓口はお住まいの自治体、保育課となります。ご利用の申し込みについては、弊会へのお問合せと並行して自治体へのお問い合わせをお願いします。
  • ご利用開始
    ご利用が決まったら、ご自宅で実地研修・慣らし保育を行います。 ご利用開始時期は、親御さんの復職に合わせて柔軟に対応していきます。
  • 利用希望者説明会
    本サイトよりお申込みください。お申込みと同時にお子さんの疾患等の情報をフォームよりご入力いただきます。

運営団体

認定NPO法人フローレンスは「誰もが子育てと仕事を両立できる社会」を目指し、訪問型病児保育サービスや小規模保育園「おうち保育園」、 全国初の障害児保育園「障害児保育園ヘレン」など、様々な保育事業を運営しています。
http://www.florence.or.jp/

認定NPO法人フローレンス
障害児保育事業部

お問い合わせ

〒102-0072
東京都千代田区飯田橋3-3-7秋穂セントラルビル2F
tel:03-5275-1161
http://annie-hoiku.jp/